東京都認可校 石川幼稚園

Ishikawa Kindergarten
学びの基礎を身につける教育 行事や活動を幅広く体験させる教育 バランスの良いスタンダードな教育

幼稚園だからこそできる教育で子どもの未来を大きく広げる

美しいバラ園で有名な旧古河庭園近くの閑静な住宅街にある石川幼稚園。創立70年を超える歴史と伝統をもつ幼稚園です。五感を刺激するたくさんの行事や体験と、バランスのとれた日々の授業。さらにSDGsを題材に園児と先生が力をあわせて絵本を制作するなど先駆的な取り組みも推進し、子どもたちの心と体を健やかに育てています。

Education Story

 

周囲の大人の成長が
子どもたちの成長につながる

②060.jpg
「楽しく過ごすことはもちろんですが、未来ある子どもたちのために、幼稚園だからこそできる教育をしてあげたい」と話す4代目園長の石川先生。テレビ局での勤務や多くの海外渡航など幅広い経験を持ち、東京王子ロータリークラブの会長も務めています。

大切にしているのは、初代園長が提唱した「良い先生になろうとしなくていい。良い大人になることが、良い先生になることにつながる」という思想。ピアノなどのスキルの向上や教育に関する知識の習得のみに目を向けるのではなく、先生自身が心を豊かに持ち人間的に成長することがより良い保育につながっていく、という思いが込められています。

グローバルに活躍する人材の育成にもいち早く着手し、子どもたちの将来を見据えた様々な新しい取り組みを形にしています。「英語は楽しいものという感覚を持ってほしい」と話す園長先生。毎日10分間英語のネイティブスピーカーが発音したフレーズや歌などを学ぶ時間があり、体に英語を染み込ませていきます。海外に引っ越すことが決まった園児が「習った歌でたくさん友達を作りたい!」と意気揚々と話す姿がとても頼もしく感じたそうです。

園長先生は職員を温かく包み込むお母さんのような存在。行事の準備中は、料理上手の園長先生が手作りの食事を差し入れてくれるのも伝統の一つです。「文化祭の準備みたいな雰囲気で楽しみながらやっています」と話す先生もいて、人間関係の良さが伝わってきます。

子どもの可能性を大きく広げる
種蒔きをたくさんしてあげたい

③098.jpg
正課授業は、専任講師による体操、リトミック、バトンがあり、知・徳・体・情操教育をバランスよく行います。

五感をフルに使った多彩な体験や行事も園の特徴です。田植えでは、田んぼに足を踏み入れた時に土の感触や水の温度を感じます。「幼い頃に五感に刻まれた体験が、大人になった時に必ず生きてくると信じています」と園長先生。

子どもたちの成長や楽しみを第一に考え、新しい企画も増えています。年中クラスの『銭湯へ行こう!』は、ある先生からお泊まり保育の前段階の行事としてアイデアが出され、実施してみたところとても好評だったので、恒例行事になったそうです。

石川幼稚園の長い歴史の中で培ってきた伝統を大切にしながらも、従来の枠にとらわれない革新的な保育が、子どもたちの世界を広げています。最初にSDGsの取り組みを始めたのは2019年のこと。『地球のみんなが幸せになるために』をテーマに、子どもたちが制作した作品と職員が考えたストーリー、映像を読み込む二次元コードを組み合わせた絵本が完成し、作品展でお披露目されました。

絵本を制作する前の子どもたちは「もったいないから水を大切に使おう」という意識でしたが「水がないことで困っている人が世界中にいる。だから水を大切に使おう」と世界へ意識を広げ、共感する力を深めることができました。これをきっかけに行事で使う食器を家から持ち寄るようになるなど、様々なシーンでSDGsのアクションにつながっています。

Work Image

  • 049.jpg
  • 051.jpg
  • 053.jpg
  • 097.jpg
  • 001.jpg
  • 010.jpg
  • 020.jpg
  • 043.jpg


「行事や活動がたくさんあることを知り、『こういうことに自分も関わっていきたい』と思ってこの園を志望しました」というのは、3年目の先生。田植えやキャンプなど体験をたくさん積むことができ、自身の成長につながっていることを感じると言います。30年以上の経験をもつ先生も「園長先生が次々と新しい取り組みを提案してくれるので、保育の現場がいつも新鮮で、いろんなことに挑戦し続けることができます」と話します。

各学年3クラスずつで、副担任は固定ではなく状況に応じて流動的にサポートに入ります。1年目の先生は副担任として、様々なことを学びながら経験を積んでいきます。「新人の先生は分からないことがあって当然です。不安にならないようサポートしながら一緒に進めていきます」と主任の先生。職員の年齢は様々で、異なる視点からのアドバイスを受けることができます。どんな意見やアイデアもまず肯定して受け入れ、前向きな話し合いをしてくれるので発言がしやすい、といいます。

園長先生と職員だけでなく保護者との距離も近く、日頃から教育に対する思いや活動について積極的に保護者に伝え、理解してもらうよう努めていることもあり、保護者との関係も良好です。立候補制である役員には全家庭の約半数が参加していて、子どもの健やかな成長のため、職員と保護者が心をあわせて前に進んでいます。

編集コメント

 

園のHPに掲載されているモノクロ写真に歴史と伝統を感じます。園長先生は、職員の通勤時間の長さや家庭の事情などを考慮してシフトを組むなど職員に優しく寄り添い、心と体の健康を支えています。「子どもたちの笑顔のためにも私たちが笑顔で!」と話す先生たちの明るさが印象的でした。学校法人川口石川学園 若葉台幼稚園、芝園幼稚園は系列園です。

Job Information

団体名 東京都認可校 石川幼稚園
勤務地 東京都北区西ケ原1-48-16
ホームページ http://ishikawa-kindergarten.ed.jp/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 学びの基礎を身につける教育 行事や活動を幅広く体験させる教育 バランスの良いスタンダードな教育
園児数 300名
勤務時間 勤務時間:変形(1年単位)
1)8:00~17:00
2)7:30~17:00(バス当番、週に1回程)
3)8:00~17:30(預かり保育当番、10日に1日程)
休憩60分
※時間外あり月平均20時間
休日・休暇 日祝他
※園のカレンダーにより月に2回程度、土曜日出勤あり
年間休日数140日
給与 月給 218,000円 〜 223,000円
【給与内訳】 初任給担任の場合
・基本給 180,000円~185,000円
・みなし残業手当 35,000円(26時間相当)
・預かり手当 3,000円
福利厚生 住宅手当 30,000円(規定あり)
交通費全額支給(上限なし)
賞与実績 年2回計4.5ヶ月分
昇給あり
試用期間3ヶ月(試用期間中の労働条件変更なし)
※裁量労働制なし
※固定残業代なし
選考について 面接