学校法人原田学園 みたけ台幼稚園

Mitakedai Kindergarten
体づくりを意識した教育 行事や活動を幅広く体験させる教育 バランスの良いスタンダードな教育

幼稚園でしかできない心躍る行事や活動で
のびのび元気に育てる

みたけ台幼稚園のあちこちに飾られている大きな作品は、巣立っていった子どもたちが卒業記念に制作したもの。一人ひとりの子どもの思い出が、園の歴史として大切に刻まれていることが感じられ、温かい気持ちに包まれます。教室はそれぞれの先生の個性があふれる飾り付けで、とても楽しそう。先生や子どもたちの笑顔が幸せな空間を作り出しています。

Education Story

 

自分もまわりも幸せになれる
笑顔の人を育て、増やしたい

②DSC02681.jpg

「よく笑われちゃうんですけど、本気で『笑顔は地球を救う』と思うんです」。人を惹きつける明るい表情の木下園長先生。横浜生まれ、横浜育ち。みたけ台幼稚園の卒園児なのだそうです。

小学生の頃の夢は大好きなプロ野球の選手になること。ある日厳しい練習に耐えかねて、両親に弱音をはいた時に、母は笑顔で「ありがたいことね」と監督への感謝の言葉を口にし、父は「よかったな。いつか役に立つ時がくるよ」と笑い飛ばす、という意外な反応が…。不思議と気持ちが楽になって、野球を嫌いにならずにすみ、前向きな気持ちになれたのが忘れられない、といいます。

また、かつて一般企業で働いていた頃には、失敗して落ち込んだ時に、上司が笑顔で「そんな顔するな。笑え!笑え!」と励ましてくれ、そのおかげで、自分の殻がやぶれ、素直になることができ、前を向くことができるようになった…という思い出が。

周囲の人々の支えと笑顔に救われる、という数々の体験から「笑顔になれる子どもを育てたい」と話す木下先生。笑顔であれば、友だちもできる。コミュニケーションもできる。仕事をする上でも、一番大切なのは笑顔、と考えています。

「もし失敗したとしても『じゃあ、次どうするか』と前を向くことが大事。愛情を持って相手を理解し、前に進ませてあげる。先生たちにも『いろんなことを試行錯誤していこう』と声をかけています。失敗しても前に進む姿勢は必ず子どもたちにも伝って、強くたくましい子に育つことにつながると思います」

子どもたちがワクワクする
遊園地のような幼稚園でありたい

③DSC02649.jpg

みたけ台幼稚園が大切にしているのは、保育の五領域をバランスよく満たすこと。「どうすれば子どもたちがワクワクできるか」を常に考え、運動・プール・制作など全ての活動で「まずは子どもの思うままに、のびのびとさせてみる」ことを心がけています。

行事が多いのも特徴の一つで、その取り組み方は創意工夫にあふれています。例えば運動会では、練習や本番に向けて、徐々に声かけをしたりストーリーを組み立てたりして、子どもたちの意欲を引き出し、気分を上手に盛り上げていきます。

運動会や発表会などの行事で用いる曲はリズミカルなJ-POPも多く、日常の保育でも、その日その時の子どもの興味や関心に合わせて、子どもたちの感性を刺激する音楽を流しています。各教室に用意されたタブレットPCなどの便利な機器やアプリも積極的に活用して、保育の質の向上や効率化につなげているそうです。

「いろんな人が集まる組織は、強いし楽しい」と話す園長先生。一人ひとりの個性を生かすことを重視していて、先生たちの特技も、ダンス、ギター、歌、サッカー、チア、器械体操、一輪車、マジックと多種多様です。

新人の先生に求めるのは「意欲・あいさつ・笑顔」。「ピアノや制作などが苦手でも、努力するという意思さえあれば大丈夫です。どんなことでもいいので、得意なことを見せてもらえたらと思います」

感謝や気配りを忘れない謙虚な姿が印象的な園長先生。「一人ひとりの先生が思い描く保育を実現するための土壌を整えていきたい」と話してくれました。

Work Image

  • DSC02617.jpg
  • DSC02639.jpg
  • DSC02659.jpg
  • DSC02663.jpg
  • DSC02667.jpg
  • DSC02672.jpg
  • DSC02680.jpg
  • DSC02627.jpg


「先生がイキイキしていて、心から楽しんでいるからこそ、子どもたちも伸び伸び元気に育っているのかな、と思います」と話してくれたのは、4年目の先生。

みたけ台幼稚園の職員は人を楽しませることが大好きな人ばかり。

入園式では、学年ごとに趣向を凝らして先生紹介をするのが恒例になっていて、たいへん盛り上がるのだとか。運動会では、先生も子どもも感極まって涙する、といったことも。行事に力をいれているので、たいへんなことも多いですが、乗り越えることで一体感を味わう瞬間も多いといえそうです。

また、かなりの部分を先生の裁量に任せてもらえるので、責任感を持ちながら、思い切ったことにも挑戦できるというのも、先生自身がイキイキしている理由の一つかもしれません。

気軽に声をかけあったり相談しあうオープンな雰囲気と、ダメなことはダメと親身になって考えてもらえる人間関係が築かれているので、安心して仕事に臨めます。

「和気あいあいとした雰囲気が子どもたちにも伝わるのかもしれません」と話すのは、主任の先生。実は自分から話かけるのが苦手なのだそうですが「後輩の先生たちの方から話しかけてくれて、本当に助けられています」と周囲への感謝の言葉が。「ずっとみたけ台で先生を続けていきたい」と、園への愛情が伝わってきます。

保護者の方との距離が近いのも特長です。たくさんの保護者が行事の準備や運営を手伝ってくれるほか、普段からよく連携がとれているので、話をする機会も多く、率直な反応をもらえることが、モチベーションにつながっているそうです。

編集コメント

1年目は2人で受け持つ年少の担任になることが多いそう。絶好のポジションで先輩の仕事ぶりを学ぶことができ、2年目から本格的な独り立ち、という流れからもわかる通り、新人への配慮が細やかで、安心して成長できる環境だと感じました。夏休みは1ヶ月以上、冬休みも1ヶ月弱あり休日が業界平均より多いことや時間外手当がしっかりつくのも魅力です。

 

Job Information

団体名 学校法人原田学園 みたけ台幼稚園
勤務地 〒227-0047 神奈川県横浜市青葉区みたけ台1−1
ホームページ http://www.kidslink.jp/mitakedai/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 体づくりを意識した教育 行事や活動を幅広く体験させる教育 バランスの良いスタンダードな教育
園児数 年長5歳児  120名
年中4歳児  120名
年少3歳児  120名
未就園児2歳児60名
未就園児0-1歳児登録制
【 合計420名 】
※その他、預かり保育
勤務時間 平日:8時15分-16時30分(一年変形労働制)
土曜日:運動会、参観日等あり。
休日・休暇 日曜日・祝祭日
春季・夏季・冬季 長期休みあり。
給与 初任給

基本給 179,000円
諸手当 43,000円
計 222,000円

【その他】
賞与年2回(約4ヶ月分)
福利厚生 昇給:年1回
保険:私学共済、労災、雇用、退職金制度
通勤費:全額支給
住宅手当:あり
自宅外通勤可
選考について 1、筆記試験(作文)
  どんな考え方をお持ちなのかをお聞きします。
  普段ご自身が大事にしていることを自由にお書き頂きます。
  また保護者宛のお手紙を書く際に、適切な言い回しができるかを拝見します。
  過去テーマ:「好かれる人とは」「共に生きるとは」「幸せとは」

2、面接
  理事長・園長との面接を行います。


★新型コロナウイルス対応実施中★
園見学を、MeetRiiに掲載している園内見学動画を視聴いただくことで代用可能とします。お問い合わせの際に、その旨をお伝えいただき選考過程にお進みください。
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。