フィッシャー幼稚園

Fisher Kindergarten
自然を感じる教育 海外の学びを取り入れる教育 遊びの時間を主軸とした教育

神様から与えられた「自らが育とうとする力」を大切にする教育

Education Story

みんなで心をひとつに合わせて
子どもの人生の根っこを育てる

②TKB02040.jpg

フィッシャー幼稚園は教会が運営する幼稚園。キリスト教そのものを教えるのではなく、その精神や考え方にもとづく幼児教育を行っています。園長の吉岡先生は、聖書の教えの中から保育に活かせる内容を抜き出し、毎朝わかりやすく職員のみなさんに伝えているそうです。  

大切にしているのは「子どもが持つ、自ら育とうとする力」を引き出して伸ばしてあげること。幼稚園は、何かを教え込むのではなく人生の根っこを育てるための栄養をたくさんあげる場所、と考えています。子どもが自分で遊びを見つけることを重視して、一日の多くを遊びの時間に。年少から年長まで計3クラスが合同で遊ぶことも多く、定員75名と小規模ならではの保育も魅力の一つとなっています。

職場の雰囲気は「ワンチーム」という言葉がぴったり。年齢や経験に関係なく、意見が飛び交い、異なる考えを受け入れる雰囲気をみんなで作っているそうです。  

最近職員の間で流行っているのはウクレレ。「讃美歌を演奏してもいい?」との質問に、園長先生は「いいよ!ピアノじゃなきゃいけないって決まりはないから」と答えたそう。「大事なのは、神様を賛美する気持ち。形にこだわる必要はないんです」と優しく話してくれました。

編集コメント

以前は船や宇宙に関わる技術者だったという園長先生。会社員時代の経験を就業規則の整備や経営に生かし、10人の教職員が働きやすい体制を整えてきたそうです。子育て中の職員への配慮も細やかで、多くの方が仕事と家庭を両立しています。職員のみなさんを大事にする園長先生の温かい思いを感じる取材でした。

Job Information

団体名 フィッシャー幼稚園
勤務地 〒181-0004 東京都三鷹市新川6-35-4
ホームページ http://minamimitaka.holy.jp/fisher/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 自然を感じる教育 海外の学びを取り入れる教育 遊びの時間を主軸とした教育
園児数 年少25名 1クラス
年中25名 1クラス
年長25名 1クラス
勤務時間 月~金 8時30分~17時
日曜  8時30分~10時30分(日曜学校の礼拝)
※変形労働時間制を採用している。平日は18時までの勤務となり、夏季・冬季・春期に年間約50日の休暇がある。
休日・休暇 土、祝日、都民の日、創立記念日、夏季・冬季・春期休暇
給与 月給 短大卒 204,300円(2020年度実績)
   四大卒 214,100円(2020年度実績)

【その他】
賞与 年間4.2ヶ月(2020年度実績)
福利厚生 労働保険(雇用保険、労災保険)、私学共済(健康保険、年金)
退職金制度(東京都私学財団)
通勤費全額支給
選考について 面接
二次試験(適性試験:半日ほど保育に入る)