学校法人高橋学園 清門幼稚園

Seimon Kindergarten
体づくりを意識した教育 表現する創り上げる教育 学びの基礎を身につける教育

「手先を器用にする活動」と「楽しく遊ぶ」で明るく健康な子を育てる

綾瀬川が流れる静かな住宅街にある清門幼稚園。子どもに大人気の大型遊具「スーパー童夢」は長いすべり台やうんてい、リングタワーなどがつながったもので、遊びながら自然に体が鍛えられる構造になっています。子どもたち同士で遊び方のルールを教えあったり、自分から進んで小さい子の面倒を見る子も多く、友だちを大切にする心が育まれています。

Education Story

最新研究によって実証された
手先を使った活動の素晴らしさ

②TKB01049.jpg

もともと田畑であった地域に住宅が増加し、幼児教育の施設が必要になったことから「地域のために」との思いで設立されたという清門幼稚園。

初代園長が重視したのが「手先を器用にすると脳の活動もよくなる」という考え方。どの指をどう使うかを意識しながら、はさみやのりなどを使う製作活動に力を入れています。長い時間をかけて経験を重ね、新しい技術をとりいれながら、教育の完成度を高めてきました。

「子どもの頃は紙相撲が好きでした。園で手先を使った活動をしていた影響かもしれません」

そう話すのは、清門幼稚園の年少組一期生である高橋先生。創設者の孫にあたります。大学卒業後IT企業に勤務し、現在は理事長・園長を務める父母とともに、事務長として清門幼稚園の経営を支えています。清門幼稚園で働きはじめてから幼稚園教諭の資格を取得し、その後も幼児教育について深く学ぶうち、開園以来貫いてきた教育の良さを再認識したといいます。

「手先の器用さを養い脳を刺激する活動は、自分の感覚と体の動きを統合させる『感覚統合』。子どもの成長にとても良い影響があることが最新の研究でわかっています」

高橋先生が忘れられないのは、ある小学校を訪れた時に教室で目にした、紙を切り貼りして作られた一枚の絵。とても繊細で美しい手先の動きが感じられるその作品は、清門幼稚園の卒園児のものでした。高橋先生は心から感動し、教育のやりがいを感じたそうです。

「これからは、清門幼稚園の教育の素晴らしさを、自分の言葉で伝えていけるようになりたいと思っています」

ふれあってぶつかりあって育てる
自分も友だちも大切にする心

③TKB01033.jpg

清門幼稚園が基本としているのは「楽しく遊ぶ」ことを通して、いろいろなことを身につける「明るく健康な子」に育てる保育です。

子どもたちはそれぞれ個性を持つだけでなく、家庭の事情も異なり成育環境も様々。幼稚園や先生の役割は、一人ひとりの子どもたちに丁寧に寄り添いながら、心と体の育ちにつながるよう取り組んでいくことだと考えています。

開園以来大事にしているのは「自分も友だちも大切にする心」。

「初めての集団生活の場である幼稚園で、人との関わり方を学んでほしい。自分のことを相手に知ってもらい、相手のこともわかってあげられる力を養うためには、けんかも必要な経験です。大人になってからは、思い切り人とぶつかるようなことはできなくなりますから」と話す高橋先生。

「他の園と比較したわけではないのですが」と前置きをした上で「自分より小さな子に進んで声をかける子が多いんです。例えば、入園希望のお子さんとお母さんが来園すると、誰かがすぐに寄ってきて、話しかけているんです。お母さんとお話している間に年長の子に預けると面倒みてくれたりして、とても頼りになるんですよ」と笑顔で教えてくれました。

清門幼稚園では、年少さんの初めての給食に年長さんが手伝いに入ったりする異年齢の交流の機会があり、先生同士もクラスや学年の垣根なくすべての子どもを見て互いにフォローしあうといったことが、当たり前のように行われているそう。こうした人と人との温かいふれあいによって思いやりの心が子どもに育まれ、「自分も友だちも大切にする」ことが実現されているといえそうです。

Work Image

  • TKB01004.jpg
  • TKB01006.jpg
  • TKB01012.jpg
  • TKB01021.jpg
  • TKB01045.jpg
  • TKB01048.jpg
  • DSC00981.jpg
  • TKB00978.jpg


職員の将来設計をバックアップするため、給与、待遇、勤務時間などで様々な配慮がされている清門幼稚園。臨機応変に融通を利かせたりみんなでカバーしあいましょうという考え方の下で人員配置を行っています。産休育休の取得が可能で、業務に支障がなければ終業時刻前に退社することもできるそうです。

結婚して子育て中の先生に話を聞いてみると「働き続けていられることや周囲の先生がよく理解してくれること、先輩から子育てのアドバイスをもらえること、すべてがありがたいです。私自身、子育てを経験したことで視野も広がり、保育にも良い影響があると感じてます」と感謝の言葉が。

「清門幼稚園の保育の良い点は、子どもの個性を認めてあげてその子にあった声かけや保育をすることが徹底されていることだと思います。はさみを使った活動は、子どもたちが達成感を感じて楽しくて次も作りたいという意欲につながります。初めはギザギザにしか動かせなかったのにだんだん上手になるととても嬉しいですね」

「子どもの言葉を聞くのが楽しい」と話すのは、清門幼稚園の園児だったという2年目の先生。昔から幼稚園と担任の先生が大好きで、先生になって戻ってきたそうです。

心に残っているのが、目の前のことに必死でいっぱいいっぱいになってしまった時に先輩がかけてくれた「自分が楽しむことが大事だよ」という言葉。先輩のように生き生きとしていたいと思うようになり、余裕を持って保育にのぞめるよう前日にイメージトレーニングをしたりして努力しているのだとか。

「先輩はみなさん温かくて、いろんなことを親切に教えてもらえます。私も相談しやすくて後輩の力になってあげられるような存在になりたいと思います」

編集コメント

子どもの成長を見逃さないよう外部講師を招かず担任がすべての時間を担当する方針をとっています。子どもの成長を実感できることが喜びにつながり魅力を感じる先生も多いそう。楽しそうな笑い声が響く職員室から伝わってくるのが職員の仲の良さ。働きやすさのポイントは産休育休などの制度面だけでなく雰囲気の良さによるところも大きいと感じました。

Job Information

団体名 学校法人高橋学園 清門幼稚園
勤務地 埼玉県草加市清門3-12-1
ホームページ http://www.seimon.ed.jp/recruit.html
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 体づくりを意識した教育 表現する創り上げる教育 学びの基礎を身につける教育
園児数 262名(年長86名、年中98名、年少68名、4年保育10名)
 ※2020年9月1日時点
勤務時間 年間カレンダーに従う変形労働時間制(年間休日120日以上)
基本時間:8:30~17:30(休憩60分)
  バス当番による早出(8:00~)あり ※月3回程度
休日・休暇 土曜日・日曜日・祝日 ※行事による出勤の際は代休あり
お盆休暇・年末年始休暇(1週間程度)
埼玉県民の日(11/14)・創立記念日(2/9)
長期休業時期は当番制出勤
給与 ◯四大卒初任給
基本給195,000円+調整手当7,800円+研究・乗務手当5,000円=207,800円
◯短大・専門学校卒初任給
基本給190,000円+調整手当7,600円+研究・乗務手当5,000円=202,600円

・担任手当(正担任10,000円/月、副担任5,000円/月)
・年1回昇給あり
・交通費全額支給
福利厚生 ・一人暮らし世帯の住宅手当あり(最大15,000円/月)
・各種社会保険完備(健康保険・雇用保険・労災保険)
・任意労災保険(積増)加入あり
・産休、育休制度完備
・外部研修受講費全額補助(交通費含)
・車通勤可(駐車スペースあり)
・おやつあり
選考について □選考で大事にしていること
 ・子どもが好きで、たくさん遊べる
 ・明るく健康である
 ・協調性をもち、他の人とともに成長できる

□選考のステップ
①まずは連絡をください
  これ以降の日取りを決めていきます。
②園見学・保育体験
  実際に保育現場に入って、幼稚園の保育を感じてみてください。
③試験
  面接、ピアノ弾き歌い、手遊び、かんたんな筆記があります。
④合否通知
  試験から1週間程度で、学校・自宅に郵送で通知します。