小鳩幼稚園

Kobato Kindergarten
海外の学びを取り入れる教育 行事や活動を幅広く体験させる教育 バランスの良いスタンダードな教育

夢と希望をもち「つよい翼・大きな翼・きれいな翼」で未来に羽ばたく

「子どもたちのために平和な世界を守りたい」という思いから、平和の象徴である鳩を園名に冠した小鳩幼稚園。日々の何気ない出来事を通じて、自ら考え行動する「つよい翼」、お友達の気持ちを受け入れられる「大きな翼」、良識を持った「きれいな翼」という3つの「心の翼」を広げる教育を軸に、新しいことにも果敢に取り組んでいます。

Education Story

肩の力を抜いて実力を発揮し
個性や長所を活かして支えあう

②DSC02817.jpg

学生時代は陸上部で汗を流し、最近はロードバイクでツーリングをするなど、体を動かすことが好きだという金井園長先生。ポロシャツにジーンズというカジュアルな服装で取材に応じてくれました。

小鳩幼稚園の三代目園長として、子どものため職員のため園のために日々奔走する金井先生。創設者から継承した小鳩幼稚園をさらに発展・成長させた両親に育てられ「いつか自分が幼稚園を継ぐんだ」という意識を子どもの頃から持っていたそうです。

職場や地域などで、常に人間関係を大切にする両親の姿から多くを学んだといい、「職員一人ひとりの思いを理解すること」を心掛けているそうです。

小鳩幼稚園の良さを守っていくためには、遠慮したり恐縮したりせず全員が対等に意見をぶつけ合う人間関係が大事と考える金井先生。職員の個性や長所を生かし、足りない部分はお互いに補い合えるような環境づくりを追求していきたいと話します。

「職員一人ひとりが肩の力を抜いて実力を発揮できるような職場にしたいです。子どもたちの教育にとって良いことはもちろんですが、職員自身の成長や充足感につながると思っています」

園バスを飾る愛らしい動物のイラストは、絵が得意な職員が原画を描いたものだそう。アイデアや個性が活かされていることが、職員の自信や仕事のやりがいにつながっているといえそうです。

最適な教育方法を恐れず取り入れ
子どもの可能性を大きく広げる

③DSC02808.jpg

もうすぐ設立70周年を迎える小鳩幼稚園。1980年代から送迎バスや英会話の導入、園内にミニテレビ局を開設して保育の公開放映、90年代には教育の大きな柱として「親子太鼓」「親子英会話」を導入していたとのこと。

その後も、園庭をFIFA公認の人工芝にしたり、メールによる連絡網、太陽光パネル設置、iPadを活用した保育補助、新園歌をYouTubeで公開するなど、先進的な取り組みは例をあげればきりがないほどです。

幼稚園の一日をのぞいてみると、朝10時からは工作、合奏、数字遊びなど子ども達の気づきを大切にした学びの時間になっています。

年少から行っている英語の学習も特徴の一つ。教室に設置されたモニターを通じてネイティブスピーカーの英語に触れることができる学習ツールを採用しています。先生が子どもたちに言葉かけを行って興味や関心を引き出し、動物・果物・乗り物などのトピックスに合わせて、歌ったり体を動かしたりして楽しみながら英語を習得していきます。毎日短時間ですが、継続は力なり。年長になると簡単な英会話ができるまでになるそうです。

「子どもは何かを達成すると嬉しくなり、自然に『もっとやりたい』という次の行動につながっていきます。誰かから教わるのではなく、自らつかみとって自分のものにしていく経験の積み重ねが、『つよい翼・大きな翼・きれいな翼』という生きるための大切な力を育んでいると思います」

movie_sample.png


Work Image

  • DSC02806.jpg
  • DSC02807.jpg
  • DSC02810.jpg
  • DSC02813.jpg
  • DSC02815.jpg
  • DSC02819.jpg
  • DSC02820.jpg
  • DSC02821.jpg

小鳩幼稚園の現場の先生は8割が20代。
「園長先生は新しい意見や取り組みを快く受け止めてくれます」と話すのは、産休を取得して復帰した4年目の先生。現在は時短で働き、担任を持っているそうです。

「妊娠中は担任から外れて事務の仕事をさせてもらいました。保護者からも『頑張ってね!』と声を掛けてもらえたり、みなさんがサポートしてくれることを感じて嬉しかったです。とても温かい幼稚園です」

産休に入る直前に、現在の英語学習ツールが園に導入され、戻ってきた頃には子どもたちが英語で短文を読み上げられるまでになっていたことに驚いたといいます。

「新しいことをどんどん取り入れている幼稚園なので、たくさんの体験や経験ができて刺激になります」

2年目の先生が小鳩幼稚園を志望した理由は「壁を感じさせない明るい雰囲気」だったそう。実際に先輩の先生と一緒に担任を経験したことで、なんでも気兼ねなく話すことができ、分からないことや不安なこともすぐ相談できる関係であることに、改めて感謝の気持ちがわいているといいます。

「一人ひとりの先生が全園児の名前を覚えていて、学年やクラスを超えて一緒に遊びます。小鳩幼稚園の家庭的で和やかな雰囲気が大好きです」

movie_sample.png

編集コメント

午後の遊びの後、少し横になる子どもたち。気持ちを落ち着かせる大切なひとときなのだそう。あどけない寝顔を見られるのは先生の特権と言えるかもしれません。「少しでも園のためになれば」と自ら動画を制作し公開していたこともあるという園長先生は「これからも先進的なことを取り入れていきたい」とバイタリティあふれる笑顔で話してくれました。

Job Information

団体名 学校法人金井学園 小鳩幼稚園
勤務地 〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場1772
ホームページ https://www.kobatoyouchien.jp/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 海外の学びを取り入れる教育 行事や活動を幅広く体験させる教育 バランスの良いスタンダードな教育
園児数 250名
勤務時間 平日 午前8:30~午後5:30
休日・休暇 土曜・日曜・祝日
給与 基本給 185,000円
手当(調整)35,000円
手当(担任)10,000円
その他手当(皆勤・住宅など)
合計240,000円

【その他】
賞与 年2回 約4か月位
福利厚生 昇給 年1回 4,000円位
通勤費 30,000円支給
社会保険(健康・厚生・労災・雇用)
選考について 筆記試験(常識)
実技(ピアノ自由曲)
個人面接

★新型コロナウイルス対応実施中★
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。