上川井幼稚園

Kami-Kawai Kindergarten
自然を感じる教育 学びの基礎を身につける教育 遊びの時間を主軸とした教育

大人になっても戻って来たいと思う「一生の思い出を作る園」

神奈川県横浜市。竹林や栗林、畑に囲まれ、自然豊かな環境にある上川井幼稚園。各教室の窓からはあふれんばかりの緑が眺望できます。半円形の園舎は平屋建てでゆったりとした雰囲気。子どもたちも先生も心ゆくまま遊び回ることができそうです。二面ある広い園庭、夏に開かれる園内のプールなど、充実した園生活に必要な設備がしっかりと整っています。


Education Story

いつまでも記憶に残るような
楽しく濃密な時を過ごしてほしい

②MeetKM-_14.jpg

理事長を務める父の阿部先生と一緒に、にこやかな笑顔で出迎えてくれた阿部園長先生。幼い頃から野球に熱中し、大学生時代には全国大会を制覇した経験もあるといいます。幼稚園で働き始めるまでは、特別支援学校で教員を務めていました。

およそ8年間担任としてクラスを受け持つ中で「子どもたちが大人になった時、担任の先生と過ごした時間はどれだけ記憶に残るものだろうか」と考えるようになったという阿部園長先生。「楽しく濃密な時間を過ごせる環境で、子どもたちの記憶に残る先生を育成してみたい」という思いが徐々に芽生えてきたそうです。そんな時、当時上川井幼稚園を経営していた叔父の死がきっかけとなり園長職を引き継ぐことになりました。

園長先生が一番大切にしているのは「子どもたちが喜ぶこと」。日々の活動に子どもたちのアイデアを積極的に取り入れています。運動会では、芸能人のコンサートの様子を真似て保護者も交えて全員でハイタッチをしたりタオルを振り回したりと、ユニークな習慣もできたといいます。BGMにも流行りのJ-POPや洋楽を使って、常に子どもたちが楽しめるような工夫を凝らしています。

園長先生の夢は「楽しい思い出をたくさん作ったこどもたちが、いつか大人になった時に戻って来たいと思える園を作ること」だと話してくれました。

「職員になったり、自分のこどもを入園させたりと、どんな形でもいいから上川井幼稚園に戻ってきてくれれば嬉しいなと思います。大人になっても繋がりが続いていく幼稚園にしていきたいです」

豊かな自然の中でのびのび遊び
心身ともにたくましく育っていく

③MeetKM-_24.jpg

幼稚園は子どもにとって社会生活のスタート地点。だからこそ長い人生の先までを見据え、人格の基礎を培う教育に取り組んでいるという上川井幼稚園。礼儀正しく、規律を守り、元気に挨拶をするといった基本的な生活習慣や生活態度も日常的に指導しているため、年長になると全員が、外部からの来園者にも照れずにしっかりと挨拶ができるそうです。

横浜市の豊かな緑に囲まれた環境も園の魅力の一つです。広い園庭で自然に触れながらのびのびと遊ぶことで、好奇心や探究心を刺激し、心身ともにしなやかにたくましく成長していきます。

四季折々の行事にも力を入れていて、七夕まつりやお餅つき、豆まきなど、日本の伝統文化を体験できるイベントが、一年を通して行われています。春には園の近くの竹藪でタケノコを掘り保護者の方にタケノコご飯を調理してもらうそう。採れたての新鮮なタケノコをみんなで味わう楽しいイベントです。

近年は英語教育も取り入れるなど、新しいことにも積極的に挑戦しています。園長先生自身が学生時代に留学経験があり、英語に興味を持っていたとのこと。英語を習得することで外国人にも臆することなく接することができるようになり、経験の幅が広がることを願っているといいます。

「小学校の準備という意味合いもありますが、大切なことは外国語や外国人に対する苦手意識を無くすこと。ネイティブの先生を週一度招き、子どもたちが楽しめる授業を行なっています」


Work Image

  • MeetKM-_13.jpg
  • MeetKM-_19.jpg
  • MeetKM-_31.jpg
  • MeetKM-_15.jpg
  • MeetKM-_23.jpg
  • MeetKM-_20.jpg
  • MeetKM-_1.jpg
  • MeetKM-_17.jpg


若い先生が多く、職員同士は仲の良いクラスメイトのような雰囲気だといいます。職員の年齢が近いことを活かして、互いに意見を言い合える環境を作れるように意識しているそう。職員室は子どもたちの話題はもちろん、休日の過ごし方や美容の話題などでいつも盛り上がっています。

新卒で就職し、現在は主任を務めている6年目の先生。職場としてのけじめはつけつつも、硬くなりすぎず風通しの良い空気感を大切にしているといいます。

「言いたいことを言えずに悶々と悩む、というようなことがないようにしたいです。先輩、後輩だからと遠慮せずに、気兼ねなく相談し合える職場作りを意識しています」

園児が少人数なため、一人ひとりにより手厚くきめ細やかに関われる点も魅力的だといいます。職員と保護者の距離も近く、子どもたちに何か変化があれば些細なことでも報告しているので、保護者の安心にも繋がっているそうです。子どもたちの習い事の発表会など、仕事外でお誘いをもらうこともあるなど、保護者との良い関係を築きやすい職場だと話してくれました。

今年で入職2年目のある先生は、自身が生まれ育った地域を思い出させるような自然環境に惹かれたことが、上川井幼稚園を志望した大きな要因の一つになったそう。

「自然に恵まれた環境で先生をしたいと思っていたので、上川井幼稚園はまさに理想的な職場でした。子どもたちと一緒に珍しい植物や昆虫を発見したり、毎日とても楽しいです」

編集コメント

若い先生が多いこともあってか、お遊戯会では子どもたちに負けじと自分たちの出し物に全力で取り組むのだそう。ある園児は、自分のではなく先生たちの演目をビデオで繰り返し観ていたという、面白いエピソードも聞かせてくれました。先生たち自身が楽しんで仕事に励んでいるからこそ、子どもたちも楽しく園生活を送れるのだと思わせられる取材でした。

Job Information

団体名 学校法人都ヶ丘学園 上川井幼稚園
勤務地 〒241-0802 神奈川県横浜市旭区上川井町 1212-6
ホームページ http://kamiyo-miyako.com/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 自然を感じる教育 学びの基礎を身につける教育 遊びの時間を主軸とした教育
園児数 65名
勤務時間 午前7時40分~午後5時00分(休憩あり)
休日・休暇 年間休日130日以上
完全週休2日制
行事により、土曜日の出勤もあり
行事により、日曜日に出勤した場合、振替代休あり
給与 短大・専門学校卒 月給:基本給 153,000円、勤務手当34,000円 合計 187,000 から
四大卒 月給:基本給 167,000円、勤務手当35,000円 合計 202,000円から。
※ 経験による優遇あり

【その他】
昇給
年1回 4000円から
賞与
年2回 基本給の 4.5か月(夏:2か月、冬:2.5か月)
手当
勤務手当、通勤手当、役職手当
福利厚生 私学共済、労災保険、雇用保険、退職金制度
選考について 園見学(まずはお問合せ下さい。)

書類選考
面接、及びピアノ

内定

★新型コロナウイルス対応実施中★
園見学を、MeetRiiに掲載している園内見学動画を視聴いただくことで代用可能とします。お問い合わせの際に、その旨をお伝えいただき選考過程にお進みください。
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。