習志野みのり幼稚園

Narashino-minori Kindergarten
音楽を軸とした教育 体づくりを意識した教育 学びの基礎を身につける教育

いきいき学び、のびのび遊び、にぎやかで実りある毎日を

木のぬくもりを感じられるこだわりが詰まった園舎が特徴的な習志野みのり幼稚園。温水プールや園庭の遊具も充実しています。二階の教室には天窓からたっぷりの日光が降り注ぎ、冬でも半袖で過ごせるほど暖かいのだとか。広い園庭にそびえる大きな樹に見守られながら、子どもたちだけでなく先生たちも園自体も成長していきます。

Education Story

子どもの目が輝く教育を
これからも追い求めていきたい

②MR-NM-_2.jpg

時には園児から「おじいちゃん」と呼ばれ慕われている田久保園長先生。おおらかで優しく子ども想いの人柄で、職員や保護者のみなさんにとても慕われています。

「読書が大好き」という言葉を裏付けるように、園長室の壁一面に本がびっしりと並んでいます。心に響いた本があれば、職員にプレゼントすることもあるそうです。

もともと小・中学校で国語教師として教鞭を取っていた園長先生。幼稚園を経営していた友人の影響を受けて、1971年に習志野みのり幼稚園を創設しました。

これまで園児数が減ったことはほとんどないという習志野みのり幼稚園。園長先生の小・中学校での教育経験や海外視察で得た保育の知識などを幼稚園の経営にうまく活かしていることも、安定した人気を支える要因となっているようです。

「幼児体育、サッカー、プール、歌唱、ダンスなど様々な授業を行なっていますが、全て専門の講師を招いています。専門家は子どもに無理のない程度に教え、上達させることに長けています」と園長先生。

園の特徴である「オープン保育」は、30代の頃にヨーロッパの幼稚園を見学して知り感銘を受け、帰国後すぐにみのり幼稚園に取り入れました。当時の日本では非常に珍しく、新聞でも取り上げられ、全国から見学者が殺到したそうです。

「良い幼稚園かどうかは、子どもたちの目を見ればすぐに分かります。習志野みのり幼稚園の子どもたちの生き生きと輝く目を見ていると、これまで行なってきた教育は間違っていなかったのだと思います」

子どもの個性を大切に育てる
充実のプログラムとオープン教育

③MR-NM-_5.jpg
習志野みのり幼稚園が目指すのは「生命力ある子ども」を育てること。知育・徳育・体育をバランスよく取り入れた教育を行っています。

幼児体育、サッカー、プール、歌唱、ダンス、鼓笛、英会話など多種多様なプログラムを、全ての園児が受講しています。外部から専門の講師を招いているため指導内容が非常に濃く、園児の上達レベルも高いのだそうです。

毎日異なるプログラムを行うので、子どもたちは飽きることなく楽しみながら学んでいくことができます。ユニークなのは週に2、3回行うという論語の読み合わせ。希望者には読み書きや算数などの課外活動も用意されていて、小学校の勉強の基礎を少し早めに身に付けることができます。

習志野みのり幼稚園が先駆けとなり長い間大切にしてきた週に一度の「オープン教育」。子どもたちが思い思いに楽しむ一日です。塗り絵や工作、鉄棒などなんでも好きなことを選んで工夫を凝らしながら遊ぶことで、個性を伸ばし、自主性や思考力、柔軟性、創造力を養っていきます。

日替わりのカリキュラムをお友達と一緒に楽しみながら学び、時にはオープン保育でのびのびと過ごす。個性を生かすことを重視して考え抜かれた教育や環境が、子どもたちのいきいきとした目の輝きに繋がっています。


Work Image

  • MR-NM-_16.jpg
  • MR-NM-_11.jpg
  • MR-NM-_10.jpg
  • MR-NM-_9.jpg
  • MR-NM-_8.jpg
  • MR-NM-_7.jpg
  • MR-NM-_4.jpg
  • MR-NM-_3.jpg


担任が13人、副担任が17人と、職員数が多い習志野みのり幼稚園。全員が仕事にとても熱心で毎日活気にあふれています。
元気いっぱいの先生が多く、礼儀作法をしっかりと守り、良くないところは直接はっきりと指摘し、できた時にはきちんと褒めるメリハリのある環境です。

多彩な年間行事一つ一つを丁寧に力を入れて行っているため、日々とても濃密な時間を過ごしている先生たち。子どもと共に職員自身も成長していることが実感できるといいます。

「行事が多く忙しいですが、毎日充実していてとても楽しいです。行事をひとつ終えるごとに大きな達成感が得られるのは、何ものにも代えがたい喜びです」

新人研修はカリキュラムを定めず、自ら動き、先輩たちの背中を追いながら能動的に学んでいくスタイル。園外研修も興味あるものを探して自発的に参加します。

「自分のクラスに要特別支援の子どもがいればそういったセミナーに参加したり、音楽や体操など自分の興味のある研修会に参加したり。自分が学びたいこと、必要な研修を見つけて積極的に参加しています」

習志野みのり幼稚園のおすすめポイントは?と先生たちに聞いてみると迷わず「美味しい給食!」という答えが返ってきました。栄養満点の手作り給食は、先生たちにも大好評。毎日の仕事のモチベーションの一つになっているそうです。

編集コメント

職員の先生たちがみなさん明るく、とても楽しく取材ができました。インタビュー中も冗談を言い合ったりして、仲の良さが伝わってきました。帰り際に園長先生がプレゼントしてくださったのは手作りの紙飛行機。習志野みのり幼稚園の子どもたちは、こんな風に先生たちの優しさに包まれながら日々過ごしているんだなぁと、あたたかい気持ちになりました。

Job Information

団体名 学校法人 田久保学園 習志野みのり幼稚園
勤務地 〒275-0017 千葉県習志野市藤崎6-20-22
ホームページ https://nrsn.mnr.ed.jp/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 音楽を軸とした教育 体づくりを意識した教育 学びの基礎を身につける教育
園児数 3歳児 120名 4クラス 
4歳児 140名 4クラス 
5歳児 140名 4クラス
計400名 12クラス
勤務時間 8:00~17:00
休日・休暇 土曜日・日曜日・祝日(行事により出勤有)
夏期休暇10日・年末年始
給与 基本給 200,000円 職務手当 20,000円 担任手当 10,000円 皆勤手当 10,000円 住宅手当 遠隔地採用のみ 30,000円 合計 240,000~270,000円
福利厚生 私学共済・労災・雇用保険
選考について ・面接・ピアノ(自由曲)・体験実習(必要とした場合のみ)