認定こども園つくしの幼稚園

Tsukushino Kindergarten
体づくりを意識した教育 学びの基礎を身につける教育 行事や活動を幅広く体験させる教育

子・親・先生が三位一体となった教育に誠実に向き合っていく。

正門には色とりどりのパンジーが飾られ、訪れる人を華やかに出迎えてくれます。
園舎とつながった大型の遊具には、大人がくぐれるほどのアーチがあり、トランポリンも設置されています。大きな窓から差し込む外光により、室内も明るく開放的。教室にはシクラメンの鉢が飾られ、子どもたちのラックにカラフルな風呂敷が綺麗に畳まれていました。
 

Education Story
 

言葉と行動で示してこそ誠意
信頼が土台にあれば思いは通じる

2MeetRii-1130.jpg

子ども・保護者・職員が三位一体となった教育を貫いているつくしの幼稚園。

「相手が誰であれ、間違ったことをしたらはっきり物申すよ」

川崎園長先生が笑顔で発する飾り気のない言葉に一瞬戸惑いましたが、それは、誰とでも分け隔てなく接し、その人のためになるのなら、たとえ嫌われても言うべきことはいう、との信念によるもの。そこには深い愛情と優しさが隠されていることに、すぐに気がつきました。

つくしの幼稚園の子どもたちは、園長先生の話を聞くときに姿勢よく聞くことができます。

真っ直ぐで情熱的で、肯定的な言葉を慎重に伝えてくれる。いつまでも話を聞いてもらいたくなるような人柄を、子どもたちはとてもよくわかっている。だから、時に厳しい言葉をかけられても、素直に受け止めることのできる心が育ち自分の成長の糧にできるのでしょう。

「『言う』に『成す』と書いて誠実の『誠』という字になるように、言葉だけでなく行動で示してこそ誠意になるし、信頼を得ることができます」

誠実であればこそ信頼も生まれ、その土台があれば必ず思いは伝わる。先生たちには保育技術や指導力だけではなく、人として誠実であることが何よりも大切である、と考えています。

今では嘘のようなことですが、随分前は言いたいことやりたいことをさらけ出し、俺についてこい!という強引な時期もあったという園長先生。「あれは30年前だったっけ?」とベテランの先生たちに聞くと、「22年前ですね」と返事が返ってきました。「僕も大人になったんだよ」と豪快に皆さんを笑わせていました。

諦めずに挑み続け
転んでも立ち上がる力が「実力」

3MeetRii-1118.jpg
つくしの幼稚園は行事や園外保育がとても盛ん。春は芝桜、夏は田んぼ巡り、秋には落ち葉やどんぐり拾い、冬にはスキー教室と、季節を五感で感じられる体験の機会をたくさん設けています。バスで公園に出掛けたり、丹沢湖や鶴巻温泉など、小田急電鉄に乗って遠出することもあるそうです。

「公園なんていつでもいける、と思うかもしれない。でもどこに行くかではなく『誰といつ行くか』が大切なんです」

みんなで公園にいけばそこはスペシャルステージになる、という園長先生。四季折々の自然に触れて感性が豊かになるだけでなく、子どもたち同士のコミュニケーションにも良い影響が表れます。日常ではない場所での体験で得られる充実感や達成感が自己肯定感につながり、主体性が育まれると言います。

挨拶や姿勢・片付けなど、生活の基本が身につくように考えられた「あたりまえのこと10か条」という10の約束を大切に、小さなことから少しずつ物事に対する向き合い方を学んでいく子どもたち。

「嫌になって諦めたくなることもあると思う。でもそこから立ち上がることが大切。たとえ結果は出なかったとしても、一生懸命やったことに納得できる。それは大きな『成果』だし、そうできることが『実力がある』ということなのかもしれないよ」


Work Image

  • MeetRii-1142.jpg
  • MeetRii-1141.jpg
  • MeetRii-1140.jpg
  • MeetRii-1124.jpg
  • MeetRii-1122.jpg
  • MeetRii-1119.jpg
  • MeetRii-1114.jpg
  • MeetRii-1098.jpg


園長先生と先生たちの、ユーモアあふれる言葉と笑い声が響く職員室。とても自然体ですが、園長先生は朝礼でつくしの幼稚園の理念・方針を先生たちにわかりやすく丁寧に解説をします。全員で共有することができ、とても暖かな雰囲気を感じます。

伺ったのは月曜日、白のブラウス姿の先生と、チェックのシャツ姿の先生が取材に応じてくれました。先生たちの仕事着は曜日によって、私服・ポロシャツとジャージ・シャツとジーンズとルーティンになっていて、ファッションも気分転換や楽しみになっています。

青森県から上京した3年目の先生。見知らぬ土地で社会に出る不安を期待に変えてくれたのがつくしの幼稚園だったそうです。

園内を丁寧に案内してくれた9年目の先生は、やる気やバイタリティのある職員が多い理由を教えてくれました。

「先輩が後輩にアドバイスをすることもありますが、後輩から学ぶことも多くありますし、先輩自身もさらに向上し、園を良くするためにどうしたら良いのか常に考えています」

園長先生の想いをしっかり受け取り、応えていきたいという先生たち。
お互いが高めあうプラスの循環が、園の雰囲気の良さに繋がっています。

編集コメント

職員のみなさんが園長先生のことを楽しそうに話していて、きっと園長先生のコアなファンなんだなと感じました。かくいう私も、1時間強のインタビューですっかり園長先生のファンになってしまいました。人として間違ったことをすれば厳しく伝えることもあるけれど決して突き放すわけではありません。それは園長先生の大きな愛情の発露であり、心からのエールなのです。

Job Information

団体名 学校法人 川崎学園 認定こども園つくしの幼稚園 
勤務地 〒252-0325 神奈川県相模原市南区新磯野3丁目22−16
ホームページ http://www.tsukushino.ac.jp/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 体づくりを意識した教育 学びの基礎を身につける教育 行事や活動を幅広く体験させる教育
園児数 年少組65名3クラス  年中組70名3クラス  年長組72名3クラス 合計207名
勤務時間 8:30~17:30
休日・休暇 土日
祝祭日
夏季休暇 2週間 
冬期休暇10日間
給与 R3年見込み 基本給210,000円 手当55,000円 合計265,000円
【その他】
賞与3~3.5か月
福利厚生 社会保険   :私学共済組合、雇用保険等に加入
交通費支給あり:上限20,000円/月
車通勤可   :無料駐車場あり
退職金制度あり:勤続2年以上(退職基金財団)
給食あり   :300円/食(自園調理)週5日
看護・介護休暇あり:取得・復帰実績あり
バイク・自転車通勤可:無料駐輪場あり
産前・産後休暇、育児休暇あり:取得・復帰実績あり
上靴・トレーナー・ジャージ支給あり
託児優遇制度あり
研修制度あり
選考について インターンシップ歓迎です。やる気のある人ならOK。面接のみ。

★新型コロナウイルス対応実施中★
園見学を、MeetRiiに掲載している園内見学動画を視聴いただくことで代用可能とします。お問い合わせの際に、その旨をお伝えいただき選考過程にお進みください。
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。