学校法人みねまち学園 嶺町幼稚園

Minemachi Kindergarten
表現する創り上げる教育 海外の学びを取り入れる教育 遊びの時間を主軸とした教育

Work Image

信頼の中で、美しいものに囲まれて、わくわくする毎日を。

樹木が呼吸しているかのような木目のあたたかみを感じる、嶺町幼稚園の園舎。
金木犀の香りが漂う季節、軒下に干柿が吊るされ、教室にはススキが飾られていました。
園庭で遊ぶ子どもたちから、元気な挨拶の声が届き、ふわりと広がるリネンのワンピースのようなエプロンを身に着けた先生たちが、笑顔で会釈をしてくれます。
 

Education Story
 

常に「心」がある仕組みづくりを

2MeetR-2017.jpg

手塚園長先生と齊藤副園長先生が丁寧に発する一言一言は、深みがあり、心地よく耳に残ります。その幼少期は、少し対照的。園長先生は活発な女の子、副園長先生は慎重派の男の子だったといいます。

嶺町幼稚園が取り入れているシュタイナー教育には「人生7年周期」という世界観があります。0~7歳はすこやかな生涯を支えるための体と、ゆたかな感覚を育むときであり、「やってみよう」という意思が養われるといいます。のびのび遊び、自然に触れ、感覚がひらき、心が動く。そこには人が育つことの本質がある、と言います。

私たち自身が、R.シュタイナーの教育観を理解し、よく咀嚼して、自分の言葉で説明することを大切にしています」

ドイツで生まれた教育法に、日本の四季の行事や祝祭を丁寧に取り入れ、嶺町幼稚園としての形を確立しています。人間形成のための体制や空間を作りあげ、守り続ける先生たちへの信頼感と安心感が、魅力の一つと言えそうです。

いつまでも子どもたちの心に残る慈しみを

3MeetR-2052.jpg

園庭の中央にはシンボルツリーであるクスノキが立ち、両隣には保護者と一緒に作った遊具が並んでいます。壁面ではボルダリングができ、子どもたちは「見て見てー!登れるんだよー!」と元気にたくましく遊んでいます。

自由遊びに重きをおき、能動的に物事に向き合えるようになるための体験を、意識して取り入れている嶺町幼稚園。

雨でできた溝を使って、川を作り始めた年長さんがいたんです。それを見ていた友達も一緒に始めて、水を流していく手段を発見しました。川はどんどん立派になったのですが、その子たちは飽きてしまったんです。すると今度は、その様子を見ていた年中さんが川を作り始めて、その横で年少さんがその光景を見ていました。遊びは発展し伝承されていくものなのだと、改めて気づかされました」

日常の出来事で引き出された個性や遊びに、他者が触発されて新たな個性や遊びを生む。その広がりが未来につながっていきます。先生たちから「子どもたちが主体」という教育方針を真摯に貫く、ひたむきさと力強さを感じました。

子どもたちは大人の感情を敏感に察知するんです。純真な子どもたちといると、自分を正さなくてはいけないと、心から思えます」

Work Image

  • MeetR-2047.jpg
  • MeetR-2040.jpg
  • MeetR-2037.jpg
  • MeetR-2032.jpg
  • MeetR-2031.jpg
  • MeetR-2022.jpg
  • MeetR-2021.jpg
  • MeetR-2004.jpg


凛とした雰囲気の先生は6年目。子どもたちの作品を誇らしげに見せてくれました。年少さんの担任を3年間経験し、現在は縦割りクラスの担任をしています。

幼稚園の先生は、園内においては子どもたちの母の役割を担います」

”スモールステップ”と言って、一人ひとりの個性に合わせて一歩一歩の成長を目指すように意識しています

新人時代には、先輩や園長先生に支えられた思い出が。「何でも一人でやろうとしなくていいんだよ。申し訳なく感じちゃうなら、いつか後輩に返してあげて」「もっと周りを頼っていいんだよ」と声を掛けてもらったそうです。

先生たちが一様に口にするのは、幼稚園のことを沢山教えてくれ、支えてくれる保護者への感謝の気持ち。在園児だけでなく卒園児の保護者が集う会も開催し、つながりを大切にしています。

互いに思いやり、気遣いあい、支えあう姿。子どもたち、先生たち、保護者のみなさんが自然体でいられるよう、一人ひとりが努力しているように感じます。

編集コメント

 

保護者の方々との絆が強く、一貫した教育方針が信頼に繋がっていることを感じました。卒園児の保護者が足を運び、「私自身がまだ卒園できてなくて」と話してくれたというエピソードには、いつまでも園とつながっていたい、という麗しい関係性を感じます。安心感のある職場に勤めたいという方におすすめです。多摩川が近いため天気が良い日のお散歩コースになっています。北欧のようなナチュラルテイストな園舎で、モチベーションが上がりそうです。

Job Information

団体名 学校法人みねまち学園 嶺町幼稚園
勤務地 〒146-0091 東京都大田区鵜の木2丁目41-16
ホームページ https://www.minemachigakuen.com/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 表現する創り上げる教育 海外の学びを取り入れる教育 遊びの時間を主軸とした教育
園児数
勤務時間 月~金 8:30~16:30
園児送迎バスなし、日曜礼拝なし
時間外労働あり

実働8時間以上/休憩60分以上
休日・休暇 ◇原則として週休2日、祝祭日・その他
◇有給休暇(消化率100%)
◇長期休暇取得可能(最大20日)
給与 月給   :218,000円
・基本給 :193,000円
・行事手当:15,000円
・研究手当:10,000円
【その他】
・昇給年1回(3,000円~6,000円)
・賞与年2回(計4.30ヶ月、夏・冬※別途学年末調整あり)
福利厚生 ■交通費全額支給
■私学共済、雇用・労災保険
■退職金制度あり
■研修制度(入社、社内、フォローアップ)
選考について 書類選考ののち、面接となります。

★新型コロナウイルス対応実施中★
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。