真砂幼稚園

Masago Kindergarten
行事や活動を幅広く体験させる教育 遊びの時間を主軸とした教育 バランスの良いスタンダードな教育

日常で生まれる好奇心によって、学びの質は自然と高まっていく。

公園や並木通りに隣接し、のんびりした空気に囲まれている真砂幼稚園。
歩いて20分程の距離には海岸があり、年に4回ほど散歩に行くのだそうです。
貝殻を拾ったり、砂浜で山を作ったり、地域の良さで引き立つ行事や活動が魅力です。
 

Education Story
 

子どもたちは今まさに何をしたいのか
その原点を突き詰めて物事を巡らせる

MG②.jpg
ドイツの国旗を指さす子どもに「ドイツはどいつだー!」とおどけて話す石原園長先生。
大きな声で笑い合い、その場の雰囲気がいっきに明るくなりました。子どもたちと同じ目線でいられるのが園長先生の持つパーソナリティーなのです。

「子どもからしたら、大人の考えなんて知ったことではないんです。幼稚園での物事は、大人の定規で図ってはいけないと思っています」

子どもへの向き合い方に一本の芯ができたのは、前職で小学校教師をしていた頃なのだそうです。そこで出会った恩師の言葉は今も胸にあるといいます。

「大人が伝えたいことと子どもたちがやりたいことは違うと、改めて教えられたんです。子どもたちが『今まさに何をしたいのか』を基準に物事を巡らせていくことが大切。すると自然に子どもたちと共感し、学びの可能性が広がっていくのだと思っています」

例えば、初めて磁石を手にした子どもが次に何をしたいのか。磁石の原理を知るより先に、まずは吸着させてみたいのではないか。鉄にくっついた磁石を見て、驚き、自然と磁石に興味や関心を持つ。こうして子どもたち自らが自然に知識を掴み取っていくのだといいます。
目の前の子どもたちに一心に向き合えば、先生も自然と子どもたちに寄り添うことができるのです。

先生たちも率先して輪の中に入って楽しむ
楽しむからこそ生まれてくる学びの工夫

③DSC03580.jpg
人との関わりの中に楽しさを詰め込んでいるのが、真砂幼稚園のこだわりです。

毎週火曜日と金曜日の午後は「ワンダーランド」と呼ばれる縦割り保育の時間があり、異年齢でペアを作って遊ぶことが特色の一つとなっていました。
最初は緊張と恥ずかしさで「一緒に遊ぼう」の一言が出ない子どもたちも、回数を重ねる毎にコミュニケーションの取り方を学び、困っている子に「どうしたの?」と声を掛けてあげられるようになるといいます。お兄さんお姉さんに憧れを持ったり、年下の子にお世話を焼いたりと、その時間には思いやりや優しさが充満し、お互いに学び合えることで教育の根幹を高めていました。

園庭で遊ぶ子どもたちは、遊具でかくれんぼをしたり、白線をひいて玉入れをしたり、花いちもんめやドッヂボールなど、先生たちも輪の中に入り込み、夢中で遊びこんでいます。
子どもたちが学ぶ瞬間、先生たちの学びも必ず隣り合わせにあるといいます。

「中々着替えをしない子どもがいたときに、先輩の先生は『着替えて』とお願いするのではなく『ジャンケンで勝ったら一枚着替えよう』というようなゲーム性があるものにしていました。楽しみながら自然にできる工夫を、後輩として私も学んでいます」

Work Image

  • MG⑨.jpg
  • MG⑧.jpg
  • MG⑦.jpg
  • MG⑥.jpg
  • MG⑤.jpg
  • MG④.jpg


新卒の先生は基本的に2人担任となり、先輩とペアを組むことで段階的に成長ができる。
2年目の先生は、見学時に感じた雰囲気の良さが楽しく働けるイメージに繋がったのだと教えてくれました。

「印象的だったのは先生たちが明るく挨拶をしてくれたり、子どもたちが人懐っこいことでした。言うのでなく『見せる』という先輩達の基本姿勢を真似て、私も子どもたちも明るい挨拶が身についています」

学年主任の先生は、新人時代に先輩が支えてくれたというエピソードを聞かせてくれました。今では後輩の良いところが消えないように、どうしたらもっと良くなっていくのかを一緒に考えてアドバイスできるように心掛けているといいます。

「私も新人時代には余裕を持てませんでした。しかし揉まれながら一人前になっていくものだと思います。私自身もまだまだだと感じることはたくさんあるんです。段々と自分の思い描く保育ができるようになり、この仕事の面白さを自分で見つけていけるようになると思います」

編集コメント

気軽にプライベートの会話ができたり、職員同士で食事に行くことも多いそうです。その明るく和気あいあいとした雰囲気の良さが、働きやすさに直結していました。園長先生は子どもたちにも職員にも同じように気さくに接していらっしゃり、それは保護者や私達のような業者に対しても変わりません。その人柄も安心感のある理由の一つとなっています。

Job Information

団体名 学校法人石原学園 真砂幼稚園
勤務地 〒261-0011 千葉県千葉市美浜区真砂1-12-9
ホームページ https://retaria.wixsite.com/masago
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 行事や活動を幅広く体験させる教育 遊びの時間を主軸とした教育 バランスの良いスタンダードな教育
園児数 265名
勤務時間 8時00分~17時00分  但し1年間の変形労働時間を採用
※バス添乗有
休日・休暇 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始・その他年次有給休暇等
(年間休日日数 約120日)
給与 初任給
(幼二)    242,000円
(幼一)    248,000円
(本俸・研究手当・業務手当等合計)

【その他】
賞 与     6月・12月・3月

処遇改善調整手当て
預かり保育等各種手当て
所持資格・経験等考慮
福利厚生 私学共済
労災保険
雇用保険
退職金制度有
通勤手当    月額16,000円まで
住宅手当    月額20,000円まで
       *保育士有資格者は、60,000円まで
選考について 提出書類
履歴書・健康診断書・成績証明書・教員免許取得見込証明書・卒業見込証明書(既卒者は、教員免状・卒業証書の写し) 
以上選考日に本人持参のこと

選考方法
1,面接
2,小論文
3,実技試験
*ピアノ・基本の運動・読み聞かせのうちいずれかひとつを選択

選考日の持ち物
・上記書類一式
・運動着・運動靴・上靴
・実習記録や過去に作成した指導案等、実績や能力等がわかる資料があれば考慮します。