すもも木幼稚園

Sumomoki Kindergarten
体づくりを意識した教育 学びの基礎を身につける教育 日本の文化を育む教育

人間形成に大切な時期だから、一つひとつの意味を言葉で伝える教育。

住宅と自然に囲まれ、数分歩くと景観が変わるすもも木幼稚園。
この周辺は一時すももの木が多く立っていたそうで、そこから園名がついたのだと教えてもらいました。
園舎の真ん中にある柱は、まるですももの木を連想させるデザイン。
そこから左右に広がる教室には、幼児教育の場ではめずらしく、「漢字」が目につくのが印象的でした。
 

Education Story
 

礼節を重んじることで勇気を学び
何事にもチャレンジできる

②MeetSM-1002.jpg
小学校2年生から高校卒業までの11年間、野球に打ち込んできたという岸野園長先生。
球児だったと聞いて、その精悍な顔つきや体格に納得しました。そんな園長先生は、毎朝誰よりも早く幼稚園に来て、玄関掃除を欠かさないのだそうです。
野球をしていた学生時代は、無我夢中でガムシャラな日々だったと話します。

「先輩やコーチとの上下関係や、汗水垂らして泥まみれになる練習はとても厳しかったです。それでもあの頃を振り返ると、グラウンドにお辞儀をしたり、脱帽して大きな声で挨拶をしたり、礼節を身につけるために大事な時間だったと思います。挨拶ってとても勇気が必要なこと。その勇気が身につけば、何事もチャレンジする後押しになる。基本的な礼儀を知るということは、こうした学びを得るということなんです」

「おはようございます」や「ありがとう」と声を掛ける、そうした挨拶は人と人を結ぶ第一歩。
幼少期だからこそ、果敢にチャレンジする土台を育んでほしいのだと話してくれました。
 

「言葉」教育は子どもへの最大の贈り物

③MeetSM-1025.jpg
「漢字一つひとつに意味があるように、子どもたちの名前一文字一文字に保護者の想いが詰まっています。そうした想いに触れられるよう、名前を書くときは漢字表記にしているんです」

すもも木幼稚園の教室内は、教材・カード・名札など、漢字で書かれた子どもたちの名前がいたるところで目につきます。
「漢字教育」を推奨しているのは、言葉の想いに触れられるようにという気持ちだけではなく、漢字という道具を用いた「言葉の学習」をしてほしいからなのだそうです。ひらがなと違い、漢字は「目で見る」言葉。
小学校で「勉強」として始める前に「遊び」として取り入れるため、絵本を使って文字を図形として捉え、楽しみながら学ぶ工夫をしていました。
言葉の豊かさが自分の感情や想いを表現し、自然とコミュニケーション能力も養われていくのだといいます。
その能力を自然と引き出すため、先生たちは子どもたちの困っている様子に気付いてもすぐに声を掛けないのだそうです。

「上手く折り紙ができない子がいても、声を掛けたくなる気持ちをぐっと堪えて見守っています。勇気を出して『教えて』と声に出す習慣を身に付けてもらいたいんです」

周りの子が「どうしたの?」と気付く様子もあるそうで、言葉から生まれるコミュニケーションの場を大切にしていました。


Work Image

  • MeetSM-1000.jpg
  • MeetSM-1005.jpg
  • MeetSM-1008.jpg
  • MeetSM-1011.jpg
  • MeetSM-1015.jpg
  • MeetSM-1017.jpg
  • MeetSM-1019.jpg
  • MeetSM-1035.jpg


「大事なのは園長ではなく現場の先生。先生がいないと幼稚園はありませんから」

縁の下の力持ちは自分だと言わんばかりに、職員を大切に思う園長先生。日々の活動内容は、ほとんど先生たちに任せているそうです。
先生たちはその期待に応えるように、積極的に意見を出してくれるといいます。
過去には「子どもたちが宇宙をイメージできるように地球儀を買ってほしい」という申し出もあったといいます。
案内していただき、教室の中を見渡していると、教材や制作物について現場の先生がさりげなく説明してくました。
今年3年目だというその先生は、後輩が先輩を必要としたときに、自分の経験を生かしたアドバイスをしていきたいと話してくれました。
そんな思いを互いに汲んでいるのか、1年目の先生は、先輩のそういった教え方に働きやすさを感じているとの言います。

「私の動きを見て、的確にアドバイスをしてくださるんです。必ず理由が聞けることで分かりやすぐ飲み込めます」

編集コメント

静と動のメリハリがつけられているのも、日頃から身に付けている基礎があるから園長先生を筆頭に先生たちには勢いがあり、子どもたちの見本であるという意識が高いように感じました。意欲的に学び続けられる、そんな学生さんをピッタリの職場です。

Job Information

団体名 学校法人岸野学園 認定こども園 すもも木幼稚園
勤務地 〒197-0804 東京都あきる野市秋川6-17-10
ホームページ http://www.sumomoki.ac.jp/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 体づくりを意識した教育 学びの基礎を身につける教育 日本の文化を育む教育
園児数 5歳児2クラス(35名) 4歳児2クラス(35名) 3歳児2クラス(26名)
勤務時間 8時間の場合 8:20~17:20
時間外勤務 月平均10時間
休日・休暇 土、日曜日年間約130日程度
年次有給休暇計画付与協定
休憩時間45分
{一斉休憩適用除外協定}
給与 初任給(見込み)
基本給 180,000円
調整手当 14,000円
担当手当 6,000円
計 200,000円
【その他】
賞与 年2回
昇給 年1回
福利厚生 労災・雇用・私学共済・通勤手当(全額支給)
選考について ・書類選考
・筆記(作文)
・適性検査
・面接(個人)
・実技(ピアノ:自由曲)
・その他

★新型コロナウイルス対応実施中★
園見学を、MeetRiiに掲載している園内見学動画を視聴いただくことで代用可能とします。お問い合わせの際に、その旨をお伝えいただき選考過程にお進みください。
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。