葛飾若草幼稚園

Katsushikawakakusa Kindergarten
表現する創り上げる教育 学びの基礎を身につける教育 日本の文化を育む教育

全員で作る、人を想う場所。

木材で作られた園門が敷地を守るように建っており、園門をくぐるとヨーロッパで流行ったルネサンス建築のような外観を持つ園舎が現れる。
すれ違う度に満面の笑みで挨拶をしてくださる先生達。そして子どもたちのはしゃぎ声が、上品な雰囲気に明るさを灯していました。
子どもたちが職員室前へ遊びに来ると、理事長先生が中からみかんを持ってきて、子どもたちはそれを食べたいと言い、やがてそこには他の子どもや先生も集うように集まり始めました。笑い合いながら皆でみかんをつまむ。弾む会話と彩る笑顔。そうしてできた輪は、第三者が見ても愛おしく思えるものでした。
 

Education Story
 

誠実に向き合わなければ、”チーム”とはいえない
経営と現場の両側面から2人で取り組み続けた道のり

KW②.jpg
話を伺ったのは、理事長先生と園長先生。二人の歩みは葛飾若草幼稚園と共にあり、その道のりは葛藤や苦悩、そして大きなプレッシャーがあったといいます。

「普通ではつまらないと思っています。貫かなくてはいけないものはありますが、楽しむことで何倍にもプラスの日常になります」

苦労を感じさせない朗らかさと快活さで話す理事長先生。その傍らには、常に現場の最前線に身を置く園長先生。

「人は全員対等ですから、リーダーが偉いことはありません。投げかけたものは必ず自分に返ってきます。誠実に向き合わなくては本当の意味で”チームワーク”とは言えないと思うのです」

理事長先生がつくる明るい前向きな空気と、それを後押しするような形でチームを支える園長先生の2人が作ってきた葛飾若草幼稚園。悪戦苦闘した時代があったからこそ、経営者として強かでしなやかな軸がありました。

「”三つ子の魂百まで”と言いますが、教育はとても怖いものだと思います。子どもたちはまっさらなスポンジの状態なので、どのような色にも染まり、どのような水も吸収します。その中で根を育てるのは親の愛情です。私たちの使命は経験という養分を与えることです。この時代を生きる子どもたちを守りたいと思っています」
 

経験を経て人として基本的なことを学んでいく
そうして育つのが人としての美しさ

KW③.jpg
"本物の経験"をさせてあげたいと、豊富な体験学習を用意している葛飾若草幼稚園。
年長組になるとバスですぐの場所にある、古民家で茶道を学ぶ。手入れが行き届いた庭園を抜け、暖簾をくぐった先で、畳の香りに包まれながら、日本の文化に触れる。
園内では、給食室や農園も設けているため、野菜を土の中で育て、食材を口に運ぶまで、一連の流れが分かるようになっている。そしてもう一つ意識していることは、子どもたちの基礎を培うこと。

「”身を美しく”と書き”躾”という字になります。椅子に座る・目を見て挨拶をすることが当たり前ではなくなっている時代だからこそ、基本を教えてあげることがとても大事です。子どもたちはできないのでなく、知らないだけなのです」

子どもたちの未来を見据えて、今やるべきことをやる。先生達の気持ちの強さが現れているようでした。出来ないことを出来るようにするため、一緒に頑張り、出来た時の喜びの瞬間を子どもたちと一緒に過ごす。

「卒園式はプライスレスです。一緒に過ごしてきた子どもたちが旅立っていく。こんなに先生冥利に尽きることはありません。この感動をするために続けているようなものです」

子どもたちの成長が、先生達の何よりの喜びになる。それを誰よりも誇らしそうに、嬉しそうに教えてくれました。


Work Image

  • KW⑨.jpg
  • KW⑧.jpg
  • KW⑦.jpg
  • KW⑥.jpg
  • KW⑤.jpg
  • KW④.jpg


ガラス越しであっても通る度に笑顔で会釈してくれる先生達。雰囲気の良さが共通しているのは、後輩が先輩を尊敬し、先輩が後輩を気に掛ける。そんな互いに敬愛し合う関係から生まれている。

「先輩達は子どもたちの靴や持ち物が変わったとき、小さな変化に気付いて声をかけています。私もそうなりたいと思いました」と、1年目の先生が話すと、その話しを受けた勤続10年を超える先生方は「後輩達は”甘える勇気”を持っていいのだと思います。その勇気が自分を楽にしてくれます」と穏やかに語ってくれました。

「正解を追い続けていく仕事なので、試すことが大切です。全部でなく”半分”を目標に挑戦していいのだと思います」

編集コメント

一様に「先生達が明るい職場」だと話す葛飾若草幼稚園。園長先生は「全員自慢なので全員に取材してほしいです。うちはチームワークが財産なんです。」取材に応じて下さった先生方一人一人の長所を誇らしげに話すことが印象的でした。そして先生達は「理事長と園長の明るさが全体へ浸透している」と言います。深い信頼で繋がっており、人柄が輝く先生達。そんな信頼関係を職場で築いていきたい方に、是非おすすめしたい幼稚園です。

Job Information

団体名 学校法人清田学園 葛飾若草幼稚園
勤務地 〒124-0021 東京都葛飾区細田5-4-11
ホームページ https://www.wakakusa-k.ed.jp/
募集職種 幼稚園教諭
教育スタイル 表現する創り上げる教育 学びの基礎を身につける教育 日本の文化を育む教育
園児数 319名(2020年4月1日現在)
勤務時間 変形 1年単位
8:30~17:30(実働8時間/休憩60分)
*時間外あり:月平均5時間
休日・休暇 園のカレンダーによる
日他(月1回土曜出勤あり/行事による土日出勤あり、代休)
有給休暇
夏・冬・春休み
年間休日125日程度
給与 ・基本給
幼稚園教諭1種免許:202,000円
幼稚園教諭2種免許:194,000円
・調整手当:8,000円
・給食手当:3,000円
【その他】
昇給あり(前年度実績:3,000円~5,000円/月)
賞与年2回(前年度実績:計3.80ヶ月)
福利厚生 交通費(上限30,000円/月・通勤時間60分以内が望ましい)
社会保険完備
厚生年金基金
退職金共済
退職金制度あり(勤続1年以上)
その他手当
・住居手当:25,000円(一人暮らしの方)
・給食手当(半額負担)
◎育休取得実績あり
選考について 履歴書提出後、面接となります。
※詳細な労働条件等については、面接時に直接ご確認ください

★新型コロナウイルス対応実施中★
園見学を、MeetRiiに掲載している園内見学動画を視聴いただくことで代用可能とします。お問い合わせの際に、その旨をお伝えいただき選考過程にお進みください。
マスクを着用したままでの園見学・面接などの実施を認め、なおかつ選考には影響しないものとします。