学校法人愛和学園 ​愛和幼稚園

Aiwa Kindergarten
食育・農業体験 音感教育・音楽教育 自然体験・飼育活動

肌で感じる自然教育を軸に、多様な教育を積極的に取り入れる幼稚園。

「おはようございます!」と元気良く、丁寧なご挨拶があちらこちらから聞こえる中、子どもたちの一日がはじまる愛和幼稚園。
今回お話しを伺ったのは、朗らかな表情で迎え入れてくれた園の雰囲気そのものである園長の榎本京子先生です。
 

Education Story
 

子どもは思うようには育たないけど、育てたように育つ
そして、たくさんもらった言葉を
子どもたちはきちんと受けとめて返してくれる


MeetAW-1015.jpg

園内は、シンボルツリーのケヤキやイチョウ、桜などの樹々が生い茂り、お日様から子どもたちを優しく守るように空いっぱいに広がっています。

「自然を感じ、本物に触れることで生きた経験をもってほしい」という教育方針は、園長先生自身の​原体験や育児経験、長年の保育現場で先生として子どもたちと接してきた実体験などに基づいています。幼稚園の教育や環境は、園長先生のそういった様々な視点や想いで形造られていることが園の景観からも伝わってきます。​

先生たちには「笑顔が大切。子どもはほめて伸ばしてね」と、日々伝えているという園長先生。自身の育児の経験から学んだことだと教えてくれました。

「子どもって、大人が思うようには育たない。育児経験で身に染みたのだけど、『これをしちゃダメ』なんて言ったらまた別の方法で頭を悩ませてくれる。でもね、ちょっとしたことでいいの。例えば脱いだくつを揃えられたとか、そういうときに『できたね!すごいね!すてきね!』って言うと、子どもは嬉しくなって、それが当たり前のように出来るようになる。もっと『すてきね!』と言葉をかけると、今度は子どもの方から『先生今日はすてきだね!』って返してくれる。子どもってすごいでしょ?」

大切にしたいのは
四季を肌で感じてのびのび育つ感性と
​人と人との関わりの中で生まれる優しさ


MeetAW-1006.jpg

かけてあげる言葉から、子どもたちの人格や感性は形成されていく。
だからこそ、朝の「おはようございます」から始まり「さようなら」で終わる、人と人との基本的なコミュニケーションを大切にしているそうです。

もうひとつ、愛和幼稚園が大切にしているのは、自然を肌で感じ育つこと。
子どもたちは、自然あふれる園庭で、春には大型の木製遊具から桜が満開に咲く様子を間近に見て、「きれいだね!」と花の美しさを感じたり、夏には木々に集まるセミやカブトムシに触れ、秋にはイチョウや桜、モミジの色鮮やかな落ち葉を拾い集める。

そうやって、五感を通して自然を感じることで、優しい心やのびのびとした感性を、四季の巡りと共にゆっくりと、自然の芽のように育てたいとお話し​してくれました。


Work Image

  • MeetAW-1002.jpg
  • MeetAW-1004.jpg
  • MeetAW-1006.jpg
  • MeetAW-1007.jpg
  • MeetAW-1008.jpg
  • MeetAW-1009.jpg
  • MeetAW-1013.jpg
  • MeetAW-1015.jpg


職員室に入るとまず目に飛び込んでくるのは、愛和幼稚園で勤続10年以上、出産を終えたばかりという先生が、かわいい赤ちゃんをおんぶしながら職員室で新人の先生たちと和やかに、そして生き生きと働く姿。
園長先生を始め愛和幼稚園の先生たちはこどもが大好き。赤ちゃんが泣いても、優しくあやしたり、遊び疲れて眠そうなときはそっとベビーベッドに寝かしつけてくれます。
赤ちゃんが寝ている間も、タブレットのモニターで赤ちゃんの様子を常に見られるようにしたり、企業顔負けの育児サポートが園内で行われていました。これは「赤ちゃんを授かっても、ずっと働き続けた大好きな愛和幼稚園で働きたい」という職員の要望を叶えた結果だそうです。

職員の先生方の働きやすさに関して「幼稚園の先生というのは社会的にもとても大切なお仕事です。だからこそ、一般企業と同様か、出来ればそれ以上にしてあげたい」と話すのは、理事長先生。

社会の今を見据えながら、幼稚園での福利厚生や働き方をもっと見直していかなければと、伝統的な幼児教育を大切にする傍らで、幼稚園の先生本来の仕事である「こどもと接して育てること」に集中できるように、業務のICT化を推進するなど業務軽減を実施したり、休憩室・パウダールームなどの施設充実化に積極的に取り組んでいます。

編集コメント

物腰柔らかな園長先生の空気感が職員全体にも浸透しており、来園者をAibo(ペットロボット)と共にあたたかく出迎えてくれます。また、新たに新設した木製の大型遊具からは木々を間近で見ることができます。大人も子どもも飽きずに楽しむことができる自然を活かした園庭は、自然教育を行う幼稚園に勤めてみたいと考えている先生にオススメです。

Job Information

団体名 学校法人愛和学園 ​愛和幼稚園
園種別 幼稚園
勤務地 〒177-0035 東京都練馬区南田中2丁目23番30号
最寄駅 西武池袋線 「練馬高野台駅」
HP https://www.aiwa-kindergarten.com/
教育スタイル 食育・農業体験 音感教育・音楽教育 自然体験・飼育活動
園児数 5歳児147名 5クラス 
4歳児156名 5クラス 
3歳児162名 5クラス 
合計 465名 15クラス (2020年5月時点)
系列園情報
勤務時間 平日 午前8時00分~午後5時00分
※ローテーションより早出、遅出があります。
園児送迎バス勤務     有
預かり(延長)保育勤務  有
※全教員で通常保育・預かり保育に従事しており、子育て支援手当が支給されています。
休日・休暇 日曜日・祝祭日・土曜日(月3回)
※年間休日日数130日以上(2019年度実績)
給与 2020年度(実績)
<四年制大学>
給与総額   :270,000円~
基本給    :168,500円
調整手当   :40,000円
研究手当   :17,500円
子育て支援手当:44,000円

<専門学校・短期大学>
給与総額   :260,000円~
基本給    :163,000円
調整手当   :38,000円
研究手当   :15,000円
子育て支援手当:44,000円


賞与 年間3回 基本給5か月分~(初年度4ヶ月~)
昇給 年間1回 
福利厚生・待遇 通勤手当 全額支給
私学共済・労災保険・雇用保険
退職金制度有
その他手当(受給条件についてはお問合せ下さい)
バースデー手当 10,000円
住宅手当(条件有) 50,000円
就職祝金 30,000円
引っ越し手当 100,000円他
受け入れ内容
受け入れ内容詳細
Web対応
選考について ○選考内容
面接・書類選考・実技(ピアノ:自由曲)

○お電話でお問い合わせの際に、MeetRii(ミーツリー)を見たとお伝えいただくとスムーズです。

483

22

申し込みフォーム確認画面

お名前・連絡先・住所等お間違いないかご確認の上、送信ください。誤りがある場合は登録情報をご変更ください。

申し込み団体名 学校法人愛和学園 ​愛和幼稚園
メールアドレス

送信が完了しました。

送信した内容はマイページよりご確認いただけます。
数日中に電話またはメールにて申し込み団体の担当者より連絡がありますので、 今しばらくお待ちください。

なお、しばらくたっても連絡がない場合はMeetRiiまでお問い合わせください。